ブログ|株式会社ムラカ

オリジナル

ガチャマシングッズ

カプセル、筐体の手配はもちろん、

中身の企画から提案、製造まで一貫してムラカミで承ります。

それにより予算や納期に応じて、

ガチャマシンが初めての方でも幅広い企画が可能です。

今話題のカプセルトイ!

グッズ製造メーカーの弊社がお手伝いいたします!

「オルゴール」は筐体だけでなく、中の駆動するメカにも種類があります。

ここでは弊社製造の場合のポピュラーなメカについて比較しています。

★標準オルゴール

(左から、18弁ミニチュア、18弁スタンダード、23弁スタンダード)

★高級オルゴール

 (左から、30弁スタンダート、オルフェウス50、オルフェウス70)


 

★手動オルゴール

オルゴール製造の流れについて簡単にご紹介します。

1:オルゴールの形を決める

まずは商品の形を決めます。企画・シチュエーションにより、いろいろとご希望があると思います。

形状は、弊社有り型(フォトフレーム型、宝石箱型、ピアノ型等)からオリジナル型まで、幅広い選択肢がございます。

素材は主にプラスチック、木などになりますが、ご希望のイメージに合わせるよう都度ご相談に応じます。

2-1:編曲確認(1~2日)

過去に製作されたことがあれば、編曲費用、作業ともに不要となります。

使用する曲の「正式曲名」「作曲者」などお知らせください。

※製作履歴があれば、...

よくお問い合わせを頂く内容を、Q&Aとしてご紹介します。

Q:自分で作曲した曲をオルゴールにできますか?

A:はい、できます。

オルゴールのメカの種類によって、入れられる曲の長さが異なりますのでこちら<→メカスペック表>でメカの種類をご確認ください。

また、他の楽器で弾くときれいなハーモニーでもオルゴールメカできれいに響くとは限りません。

「響き」や「共鳴」なども理解し、オルゴールで美しく聴こえる音の組合せを熟知していないと編曲は不可能です。ですので、編曲は編曲師におまかせください。

Q:納品してもらったオルゴールが鳴りません。

A:オルゴールの...

フィギュア(立体物)を作る際に、適する適さない素材の違いが存在します。

この記事ではその違いを端的に説明します。

1:インジェクション

寸法精度の良さからパーツ別成形が出来、複雑なポーズが可能で、美しい仕上がりを期待できるのがインジェクション(射出成形)です。寸法精度の良さ、大量生産向きと言うことで最も良く見かけるスタイルです。

2:ソフトビニール 

ある時期日本の玩具業界を支えた花形素材(リカちゃん人形や怪獣人形の素材)。中が空洞になっていて、手足等が動かせます。

インジェクションより金型も安く、塗装治具なども使え生産性コストもバランスがよい...

本当に簡略化した射出成形(インジェクション)の説明・注意点について紹介します。

 

金型を射出成形機にセット、スタンバイ状態です。

 

金型を閉じます。

ノズルが注入口から射出開始。通常水飴よりすこし柔らかい程度です。

金型に十分に満たされるまで圧力をかけます。

金型内部には水を流すパイプがあり、これにより冷却・固化を促進し、完全に固まった状態で開きます。

突き出しピンを作動して、成形品を押し出します。

突き出しピンを作動して、成形品を押し出します。

 

 

★よくある問題について

1:パーティングライン

構造上金型は2つに開きます。この境目には必ず型の分離ラ...

フィギュア製造の流れ

ここでは、現在最もよく作られている射出成形(インジェクション)での製造の流れをご説明します。射出成形(インジェクション)とは、金型を作成し、溶かしたプラスチックを機械で流し込んでフィギュアを成形する方法です。弊社では基本的に以下のような手順で作製します。

1:フィギュアのデザインを決める

デザインが決定しましたら、立体にする為の設計図を作成して頂きます。

フィギュアを作る為に必要な資料は以下になります。

・三面図(正面、側面、背面)

・彩色資料(PANTONEにて色指定)

・サイズ

2:フィギュアの原型を制作する

中国にいる弊社...

ここではよく問われる質問についてお答えいたします。

 

Q:原型は自分で作って、量産だけお願いしたいのですができますか?

A:はい、できます。

量産する際の数量や、大きさなどにもよるのですが、フィギュアの形状やポーズによっては型を作ることが難しいもの、型をいくつものパーツに分けて作らないといけないものなど問題が生じてきます。

 

コストがいくらかかってもいいのであれば、よいのですが、予算があると思いますので、量産を見据えた原型作りをするために、作る前にご相談ください。

Q:今まで違う工場でフィギュアを製造していました。金型を移動して、ムラカミさん...

フィギュアは、購入者もこだわる商材なので、コストと再現性のバランスが非常に難しい商品です。

 

1.再現難易度の高いもの

 

再現が難しい例絵から立体にする場合に、どうしても表現しがたい部分があります。

たとえば髪の毛の表現。スポーツ刈りのような無数に毛をたてるという造形は非常に大変ですので、灰色に黒点で塗装するなどの表現(例:『サザエさん』磯野カツオ)が無難です。

『ドラえもん』のスネ夫や、『あしたのジョー』の髪型なども難易度の高いもののひとつです。

 

2:造形を優先するなら部品分割

造形時に、フィギュアが金型からとれない(抜けない)というケース...

グッズにワクワク感をもたせたり、華やかさを添えたり縁の下の力持ちといえる箱や台紙の製造現場をご紹介します。

 

 

 

原料の紙、ここから多種な加工を経ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨大な裁断機です。正確かつ迅速なオペレーションが必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨大な4色印刷機。ものすごいスピードで刷り上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパクトなサイズの印刷機もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる色調整の現場です。後ろではボスたちが目を光らせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポピュラーなPP貼り加工です。紙に高級な質・艶感を与え...

Please reload

特集記事

フィギュア製造の流れ

02/09/2016

1/2
Please reload

最新記事

03/30/2017

03/28/2017

03/27/2017

03/19/2017

02/19/2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

RSS Feed